基金加入のメリット

基金に加入すれば同じ負担でより豊かな年金がもらえます

基金に加入すれば、私たちは基金のない会社で働く人より、次のようなメリットがあります。

3階建ての手厚い年金

基金の年金は、国の老齢厚生年金(報酬比例部分)を国に代わって支給するとともに、基金独自の年金を上乗せしたものです。

したがって、私たちは国の老齢基礎年金、老齢厚生年金、さらに基金の年金という3階建ての年金をうけられるわけです。

#3階建ての年金

3階建ての年金 説明図

年金をうける条件は緩やか

国の年金は一定期間以上加入していなければうけられませんが、基金の年金をうける条件はとても緩やかで、1ヵ月以上の加入で退職年金がうけられます。

同じ負担で手厚い保障

基金に加入すると掛金を負担することになりますが、基金のない会社で働く人と本人の負担総額は変わりません。

基金加入員については国の保険料が一部免除されており、その免除分を基金掛金として納めることになるからです。

また、上積み年金分の掛金はすべて会社が負担します。ですから、基金に加入していない人と同じ負担で、より豊かな年金をうけられることになります。

加入員のための福祉事業

私たちの基金は、年金を準備しているだけではありません。

長寿祝品や契約保養所利用補助金支給制度などを実施し、加入員や年金受給者のみなさんの福祉の向上をはかっています。

このページを閉じる